さわっち映画ブログ

映画のレビューをしていきます。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

SF映画大作戦・アルゴ

f:id:The_piano_Man:20191124003405j:image

©️ 2012 Warner Bros.アルゴ

 

 

5点

 

 

「『ザ・タウン』などのベン・アフレックが、監督、製作、主演を努めたサスペンス。1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件と、その裏で敢行されたCIAによる救出作戦の行方を追い掛ける。監督として『ザ・タウン』で見せた緩急自在な演出をベンが本作でも繰り出し、謎に包まれていた救出作戦の全ぼうを活写。その一方で、貫録たっぷりに指揮を執るCIAエージェントを熱演する。『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・アーキンや『アーティスト』のジョン・グッドマンら、脇を固めるベテラン勢にも注目。

1979年11月4日、テヘランイラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。」

 

 

引用元 URLhttps://movies.yahoo.co.jp/movie/343336/

 

 

他のレビューを見ると、この映画で描かれたことと事実が違うところがあることを知りました。そして、この映画の最初に事実を基にした話だと説明していたのはよくないなと思いました。

f:id:The_piano_Man:20191120162300j:image

この映画でいいなと思ったのは、イランやアメリカの当時の声や人質にされた人の思いが描かれていたことです。それが、その当時の状況が伝わってきました。

f:id:The_piano_Man:20191120162333j:image

しかし、ストーリーが展開していく流れやそれぞれのシーンを均等に編集していたのと描く人や会話するシーンが多かったのが、どの人も共感や感情移入はできなかったです。それでも、映画の最後の方は緊張感がありました。

 

 

もう少し、描く人を絞ってメンデスのストーリーを軸にイランの様子やCIAの上司との会話などを描けば、メンデスが経験した出来事を追体験できてその当時の話を身近に感じることができたと思います。

f:id:The_piano_Man:20191120162319j:image

個人的に、SF映画の撮影という斬新なアイデアを基に計画を立てる様子やメンデスの人質救出にかける思いを映画なりに演出して欲しかったです。

—————————————————————

初回入会から30日間無料お試し!

TSUTAYA DISCAS
TSUTAYAのDVD/CDが借り放題でご自宅まで配送するサービスです。

TSUTAYA TV
動画配信サービスの動画見放題プランで、新作・準新作を除く対象作品約10,000タイトルが見放題のサービスです。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35SGE2+3SXPWY+47OU+5YZ77