さわっち映画ブログ

映画のレビューをしていきます。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

お金の捉え方・あなたに降る夢

f:id:The_piano_Man:20191202102429j:image

©️ 1994 TriStar Pictures.あなたに降る夢

 

 

8点

 


「N・ケイジが本領の、人が良過ぎて損をする性格不器用な人物を好演する、実話を基にしたハートウォーミング・コメディで、共演はB・フォンダ。妻の言いつけで宝くじを買った警官(ケイジ)がウェイトレス(フォンダ)にチップの代わりとして宝くじの折半を申し出る。ところがその宝くじが本当に当たってしまい……。」

 


引用元 URLhttps://movies.yahoo.co.jp/movie/981/

 


現代に舞台を映したシンデレラ・ストーリーのような映画でした。というのは、警察官の男性とウエイトレスの女性が大金を手にすることから始まり、2人が困難を乗り越えていくの様子がそういう風に見えました。そして、前向きな気持ちになれるような映画でした。

 

お金持ちになるだけでなく、それによって不幸があったり、2人が手を取り合って乗り越えていく様子は、素晴らしい人間ドラマだなと思いました。

f:id:The_piano_Man:20191202102715j:image

警察官のキャラクターは、良識があって、気配りができる警官の鏡のような人でした。それは、ウエイトレスがメガネがどこにあるのか分からなくなるのを彼が見て、チェーンを買ってあげたり、銀行強盗に立ち向かう描写が描かれていたことで、伝わってきました。

f:id:The_piano_Man:20191202102724j:image

そして、ウエイトレスのキャラクターは、最低な男と結婚してしまい、借金を背負わされていました。

 

この2人の共通点は、お金の使い道にありました。困っている人のために使ったり、お金自体に価値を置くのではなく、それと引き換えに自由を得ることや楽しい経験ができることに使っていました。そんな2人を見ていくのは、楽しかったです。

 

それと対照的になっていたのは、警察官の妻のキャラクターです。彼女は、地位や名誉をお金に求めていました。

 

この2つの対比から、お金に何を求めるかが人生の幸福を左右するのかもしれないなと思いました。

f:id:The_piano_Man:20191202102737j:image

この映画がいいなと思ったのは、庶民が大金を手にして楽しむだけでなく、それで起こる不幸やそのなかで出会いや前に進むといった人間ドラマが描かれていたことです。

f:id:The_piano_Man:20191202102754j:image

ストーリーの中盤ぐらいで、2人の表情を映すようなシーンがあって、2人が何を思っているのか想像できて、映画に引き込まれました。

 

ストーリー展開や人間関係の進展も丁寧に描かれていて自然に見ていくことができました。